ブルーベリーの効果効能は?目にいいって本当?おすすめの食べ方

ブルーベリーってどんな栄養があるの?

ブルーベリーって効果効能が諸説あって何が正しいのかよくわからないですよね。

亜鉛が多く含まれていたり、アントシアニンが抗酸化作用があったり、マンガンやミネラルも豊富だったりするので、体に悪いことはなさそうです。

目にいいっていうのは、私も色々調べてみましたけど、結局わからずじまいでした。

というわけで、自分で試してみるしかないというわけで、冷凍のブルーベリーを購入しました。

凍ってますけど室温に置いておけばすぐ食べごろに溶けてくれます。

砂糖の摂取を減らすのと合わせて、おやつの代わりにブルーベリー食べます。

果物は果糖が含まれていますが、実や皮も一緒に食べるので必要以上に摂りすぎる事はないので食べ過ぎすぎなければ大丈夫です。

ほどよく甘みが感じられてすごく美味しい。

アイスとかヨーグルトと一緒に食べたらもっと美味しいとわかっていますが、砂糖は摂らないので我慢です。

通販でも美味しそうなブルーベリー購入できます。

ふるさと納税を利用してブルーベリー購入できます。

サプリメントでも手軽に摂ることもできます。

ブルーベリーの摂取の仕方ですが、色々な実験で使う際は、カプセルや粉末のブルーベリーも使ったりしているようなので、実をまるまる食べなくてもブルーベリーの栄養は摂れるようです。

私は実がいいですけどね。

でも、実が買えなかったりするときは粉末とかカプセルもあると便利かもしれません。

ブルーベリーのまとめ

今回は、砂糖断ちをする際におやつの代わりに何かいい食べ物はないかなと探していて思いついたのがブルーベリーでした。

とにかく手間がいらないっていうのがポイントです。

果物は全般すきなんですが、切ったり剥いたりするにはちょっとめんどくさいので、栄養があって簡単に食べれるってなるとバナナかブルーベリーということで。

バナナは結構おなかにたまるので、ブルーベリーをチョイスしました。

毎日は食べれないかもしれませんが、頑張って続けてみたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする