湯シャンを経て石けんシャンプーに落ち着きました

湯シャンをにずっと挑戦していましたが、どうしても自分が気持ちのいい髪の質にならず、断念しました。

代わりに石けんシャンプーを始めました。

シャボン玉石けんの石けんシャンプー

シャボン玉石けんって一度は聞いたことあるのではないでしょうか?

「人にやさしいものは、自然にもやさしい」というキャッチフレーズがすごく好感が持てますよね。

シャボン玉石けんの石けんシャンプーは固形のタイプと泡タイプとあるのですが、私は両方使用してみました。



固形のシャンプーは結構なめらかで柔らかい泡立ちでしたが、荒い上がりの質感がわりとしっとりしていて私の希望としているサラサラ感があまり感じられなかったので、この後、泡ボトルの石けんシャンプーに変更しました。

泡シャンプー画像

シャボン玉石けんの石けんシャンプーの使用感

泡タイプのボトルで使える石けんシャンプーはポンプを押すと豊かな泡が出来ます。

ワンプッシュでしっかり泡が出るので髪につけてもスムーズに洗えます。

結構たっぷりめに泡を使うのがポイントだと思います。

今、この石けんシャンプーを使用して3ヶ月ほど経ちますが、最初の1ヶ月くらいは荒い上がりにムラがあり、後頭部だけ少し油っぽかったり、前髪がべたついたりとなかなか思う仕上がりになりませんでしたが、3ヶ月経った今は、洗いあがりもスッキリしていて、べたつくこともほとんどありません。

最初の頃の髪質が嘘のような感じです。

私はもともと結構くせが強い方なのですが、スタイリングがてとも楽になり、朝しっかりアイロンで伸ばすと雨にぬれたりしない限りはキープできていることに日々驚くことばかりです。

石けんシャンプーしたあとのリンスはどうするの?と疑問に思ったかもしれませんが、私は何もしないか、たまにクエン酸リンスをするだけです。

クエン酸リンスは市販のクエン酸をペットボトルのキャップ1杯分くらいを洗面器に入れてお湯で溶かして頭にかけるだけです。

シャボン玉石けんでもクエン酸リンス売っているので参考までに載せておきます。


石けんシャンプーを使うメリット

石けんシャンプーを使ってみたいなと思っている人がこの記事を読んでくれていると思いますが、実際に試してみると想像と違うことも多くあると思います。

私も色々な石けんを試しましたが、このシャボン玉石けんの泡ボトルタイプが自分には一番あっている気がします。

石けんシャンプーを使用したいと思うわけは、やはり市販のシャンプーに界面活性剤が使われていることに懸念を抱いているからだと思います。

私の場合は自分の髪質を改善したくて色々調べた結果、石けんシャンプーにたどり着きましたが、中には本当にアレルギーやお肌が弱くて市販のシャンプーを使えないという人も沢山いると思います。

そういった意味でも、市販のシャンプーとそこまで相違なく使えるこのシャボン玉石けんの石けんシャンプーは本当におすすめです。

最初の1ヶ月程度は若干の不快感に悩むかもしれませんが、必ず頭皮の状態が良くなってくるので、根気よく使ってみてほしいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする