アラフォーの美活習慣!美肌のためには身体を温めることが大事

最近では身体を冷やすのがいかによくないかと沢山のメディアで伝えられていますね。

とてもいいことだと思います。

美肌にとっても冷えは大敵の理由をお伝えしたいと思います。

美肌の鍵は血の巡りにある!

お風呂に入ってゆっくりと湯船につかり、出てきた時の肌の様子って覚えていますか?

まーちゃんの場合で言いますと、お風呂を入る前と入った後では肌の色のトーンが明らかに違います。

お風呂上りの肌のほうが透き通るような白い肌になっています。

あんなにくすんで黄色がかっていた肌がです。

これは身体が温まることで血液が全身にめぐり血色がよくなるからです。

私たちの身体は日々の仕事や家事などで肩は硬くこわばっています。

そうなると血のめぐりが悪くなり心臓より上に押し上げる力が弱くなります。

いわばうっ血しているような状態ですね。

普段から運動やヨガなどしていれば違うのかもしれませんが、なかなかそれができる人ばかりではありません。

お風呂はもちろん、普段から身体を冷やさない習慣が必要になってきます。

身体を冷やさないために日常でできること

まずは足首やふくらはぎを冷やさないようにしましょう。

ふくらはぎには心臓に血液を送るための筋肉があります。

足首が冷えますと冷たい血液が全身に巡ってしまいます。

普段から足首を冷やさないための工夫が必要です。

まーちゃんの場合ですと、家に帰ると必ずレッグウォーマーをします。

寝るときもつけて寝ます。

夏でも冬でもつけています。

これだけでかなり冷えの対策になります。

外出時はなかなかレッグウォーマーを着用しておしゃれに着こなせないので、冬場は靴下か、ストッキングを履いて足が温もる靴を履きます。

足裏より足首を冷やさないことがポイントです。

それから飲み物は基本的には常温のものを飲みます。

冷たい飲み物をコップ一杯飲むと体温が一度さがると言われています。

一度ってかなり事件です。

なるべく常温、もしくはホットを飲むことが冷え体策に需要です。

カイロも寒い時期はどんどん活用しましょう!

腰や尾てい骨に貼ると腰痛や生理痛が和らぐ気がします。

まとめ

血の巡りと体温はとても密接につながっています。

少しでも美肌になるためには日々のささいなことがかかせません。

自分は大丈夫と思っていても、身体は意外に冷えています。

朝起きて体温を計ったときに36度5分以下ですと冷え性の疑いがあります。

身体をしっかり温めて美活で美肌になりましょう!

敏感肌の皮膚科医が開発!『本当の無添加化粧品ワイエスラボ』

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする