約1年間化粧水をつけない生活をしています《アラフォーの美活》

1年ほど前から「肌断食」の本に出会い、

以来、化粧水をつけない生活を続けてきました。

途中、挫折して手作り化粧水や、最近では美容液を使用したりもしましたが、

いま一度「肌断食」を見直したいと思います。

どうして「肌断食」が必要なのか?

短的に言うと、私たちの肌は、

何も浸透しない

からです。

肌の上に何かを塗っても、バリア機能があるため浸透しません。

私たちの肌は何もしなくても、問題はないのです。

間違ったスキンケアの情報や、

不摂生、睡眠、食生活で、肌の調子が悪いのに、化粧品が合わないと思って、色々変えても意味がないのです。

あなたが変えるべきなのは、普段の生活スタイルであって、化粧品ではありません。

スキンケアは最小限にして、自分の肌と向き合ってみませんか?

普段のスキンケアが肌をボロボロにしている理由

私たちが普段使用している市販の化粧品にはほとんど界面活性剤という成分が使われています。

極端に言いますと、台所にある食器用洗剤が界面活性剤が入ったものになります。

界面活性剤は水と油を融合されるのに必要不可欠な化学製品で、その力は強力です。

肌は何も浸透しないといいましたが、

実は界面活性剤は浸み込みます。

浸み込むというよりは、肌のバリア機能を破壊して肌そのものの構造をめちゃくちゃにします。

そうしてヒアルロン酸やコラーゲンなどの保湿成分を浸み込ませ、今度は合成ポリマーと言われる、いわばビニールのようなもので肌を覆います。

すると不思議なことに、肌の内部は潤い、表面はビニールでコーティングされているため、

ツヤツヤ、ピカピカに見えるわけです。

しかし、肌の内部では肌本来の潤い成分はヒアルロン酸やコラーゲンにその職務を奪われ、自ら潤うという働きをしなくなります。

そうなると、肌の内部はドンドンと老化していき、シミやしわ、肌荒れなどを引き起こしていきます。

これが、化粧品の隠されたヤミなのです。

どうしても、お肌に何かつけたいのなら、せめて、界面活性剤と防腐剤が含まれていない商品を選んでほしいと思います。

私たちの身体はとてもかしこい

私たちはいつから、化粧品が絶対に必要であると思ってきたのでしょうか?

早い人は小学生からスキンケアをしていると聞きます。

実は界面活性剤については、東京都生活文化消費生活部が注意喚起をしている記事もあります。

「平成10年度委託調査報告書、化粧品の安全性に関する調査」

合成界面活性剤はもっとも細胞への毒性が高く、その濃度が高いと、毎日皮膚に塗ることで慢性刺激性皮膚炎を起こす原因のひとつになりうる。

一日二回基礎化粧品を塗ったり、多量の化粧品を塗ることは、障害の生じる可能性を大きくしうる。

 

このような事実があるのに、多くの人はその危険性よりも肌が潤うから、綺麗に見えるからと使用を続けています。

しかし、私たちの身体は本当はとてもかしこいのです。

本来なら、何も外から補わなくても皮膚は潤いを保ち、乾燥から肌を守っているのです。

それをわざわざ化粧品で破壊しているなんて本末転倒とはこのことではないでしょうか?

社会の刷り込みにどうか気づいてほしいと思います。

いきなりすべてのスキンケアをやめるのは危険

お肌に危機感をもった方はすぐにでも今まで使っていたスキンケアをやめたいと思うかもしれません。

しかし、これは私も失敗したのでが、

今まで潤う成分を外から補っていたお肌は急には働き出しません。

そうなると、外からも中からも潤うことができなくなった肌は、

想像以上にひどいことになります。

私はこれで脂漏性皮膚炎になりました。

常在菌のいない肌の表面は細菌のいい棲家です。

そうなると、市販の化粧品だとつけるのをはばかれますし、

ワセリンくらいしかないですね?

それか手作りの保湿液。

手作りだと防腐剤が入っていないので、使用期間を守らないと逆に雑菌まみれの液体をお肌につけることになります。

やはりワセリンが一番だと思います。

私はワイエスラボでフラーレンの美容オイルだけつけています。

ワイエスラボは敏感肌で20年悩んでいた皮膚科医の菅原先生が本当の無添加を目指してできあがったスキンケア商品です。

最終的には何もつけないでもいい肌を目指していますが、

肌が荒れた時期を思い出すと恐いので、

本当に安心安全な商品だけつけています。

気になる方はこちらからサイトが見れます。

敏感肌の皮膚科医、菅原由香子がつくった『本当の無添加化粧品ワイエスラボ』

まとめ

メイクは楽しいですが、スキンケアはめんどくさいまーちゃんにとって、

この肌に何もつけないは理想です。

しかも、肌になにもつけないほうが肌にいいなんて、最高ですよね。

消費者だからこそ刷り込みに踊らされず、

本当に自分にあったものを購入することができればと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする