敏感肌には茶色い石鹸が低刺激でおすすめ「アレッポの石鹸」

顔を洗うとき、「石鹸」を利用している人は多いのではないでしょうか?

石鹸も敏感肌の人は、成分に着目するといいですよ!

石鹸の主成分の何が敏感肌の刺激になるの?

石鹸の主な成分はラウリン酸やステアリン酸が使われています。

ラウリン酸は成分表に「~酸+グリセリン+水酸化Na(水産化K)と

表記されている場合もあります。

洗浄力が高く、使用感も良いですが、

アルカリ性なので肌の刺激になることもあります。

ステアリン酸は高級脂肪酸の一種で軽い質感の油分です。

高濃度だと皮膚への浸透性が高く、刺激を感じる場合があります。

例えであげますと「牛乳石鹸」は↓

石ケン素地、香料、乳脂、スクワラン、水、ステアリン酸、

酸化チタン、EDTA-4Naと表示があります。

石ケン素地はラウリン酸とほぼ同じと思っていいようです。

スクワランは炭化水素油を主成分としたオイルで、低刺激な保護油として

広く使用されています。

敏感肌だと、この成分では

石ケン素地とステアリン酸が若干の肌の刺激になりそうです。

次は茶色の石ケンでも「マルセイユの石鹸」です↓

成分はオリーブ脂肪酸Na、ヤシ脂肪酸Na、水、塩化Na、水酸化Na

オリーブオイルは油脂の一種でオレイン酸を多く含んでいます。

肌なじみがよく柔和作用があります。

ヤシ脂肪酸Na はラウリン酸と同じような成分になるので

やはり敏感肌の人には若干の刺激になる可能性もあります。

高すぎずシンプルなアレッポの石鹸がおすすめな訳

アレッポの石鹸の成分は実にシンプルです!

成分はオリーブオイルとローレルオイルのみです。

ドラッグストアで630円で購入しました。

オリーブオイルは分子の構造が大きいので、

肌や粘膜に浸透しにくいため、刺激になりにくいのです。

一般的な白い石鹸より刺激になりにくいのはそのためです。

高価な石鹸で成分がたくさん含まれていたとしても、

お肌に必要なのは、刺激にならずに肌の汚れを落とすことです。

アレッポの石鹸は敏感肌の人には理想的な石鹸ということです。

まとめ

いままで、ただ漠然と石鹸は肌に優しいと思っていたのですが、

きちんと調べると思わぬ落とし穴がたくさんありました。

スキンケアとは肌に刺激を与えず守ることができる商品が

優秀なんだということがわかりました。

肌本来の力をちゃんと生かしてくれるスキンケアを

これかも追求していこうと思います。

オリーブオイルが配合されたスキンケア商品

オリーブオイルは肌に使っても食べても美容にもいいので、

本当におすすめです。

▼美容液でおすすめのオリーブオイル▼

【完全無添加】オリーブオイル美容液
ほうれい線・乾燥肌・しみなどの肌悩みがこれ1本で解決!

▼オリーブオイルのスキンケアを0円で試せます▼

【オリーブマノン スキンケア お試しサンプルセット】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする